2010年09月30日

『ニンテンドー3DS』の発売日と価格が決定!

『ニンテンドー3DS』の発売日と価格が決定!
任天堂株式会社は、幕張メッセにおいて発表会「Nintendo Conference 2010」を開催し、新型携帯ゲーム機ニンテンドー3DSの発売日、価格などを発表した。

『ニンテンドー3DS』の発売日と価格が決定!

発表会では任天堂の代表取締役社長を務める岩田聡氏がプレゼンテーションを行ない、任天堂がこれまで技術開発を継続してきたとかたり、すべての人に 3D表示可能なハードを提供できるという点で携帯機は有利だと語った。またすれ違い通信についても言及。3DSではより強化されている点をアピール。これらの通信機能を使ったゲームタイトルの開発も明らかになった。たとえば「ラブプラス」の3DS版などがこれにあたる。

そして、発売日、価格などを発表した。発売日は2011年2月26日で価格は25,000円。【インプレス】

スーパーロボット大戦L 特典 「スーパーロボット大戦L」オリジナルマルチケース付き 黄金の太陽 漆黒なる夜明け
posted by 虫めがねくん at 02:30| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーエーテクモゲームス、Wii「零 新作(仮称)」を発表

コーエーテクモゲームス、Wii「零 新作(仮称)」を発表
株式会社コーエーテクモゲームスは、Wii「零 新作(仮称)」を任天堂株式会社と共同で開発を行ない、任天堂から発売されると発表した。発売時期は2011年を予定しており、価格は未定。

コーエーテクモゲームス、Wii「零 新作(仮称)」を発表

「零」シリーズは、テクモから発売されてきた心霊カメラ「射影機」で怨霊を撃退する和風ホラーアドベンチャーシリーズ。独特のじっとりとした世界観とキャラクターを中心に美しいグラフィックス、霊と対峙しカメラで退治するというシステムはほかにはなく、ホラーファンにも人気が高いシリーズ。前作「零〜月蝕の仮面〜」同様に任天堂と共同で開発が進められており、Wii用タイトルとして発売される。

これまで通り、ストーリーを追っていくモードのほかに、アトラクション風に構成された短時間で遊べる“お化け屋敷モード”を新設している。【インプレス】

前作は重大バグが原因でミッションがコンプリートできない仕様になっていたので
今回はそういう仕様がないように願いたい。

零 ~月蝕の仮面~ 零~紅い蝶~ PlayStation 2 the Best
タグ:
posted by 虫めがねくん at 02:17| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

無双シリーズ最新作『真・三國無双6』がPS3独占で発表

無双シリーズ最新作『真・三國無双6』がPS3独占で発表
東京ゲームショウのソニープレスカンファレンスに出席したω−Forceのプロデューサー鈴木亮浩氏は、無双シリーズ最新作となる真・三國無双6を発表しました。詳細は殆ど明かされていないものの、本作はPlayStation 3独占となるようです。更なる情報は来月公開という事でファンの期待も高まります。【GameSpark】

国内ではPS3、海外ではPS3、Xbox360のリリースが決まっているらしいです。
いずれ、FFのようにXbox360でもリリースがあるんでしょうね。

真・三國無双 Online ~蒼天乱舞~ 無双OROCHI Z
posted by 虫めがねくん at 00:17| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

構想から5年の歳月を経て「仁王」の開発が再スタート!

構想から5年の歳月を経て「仁王」の開発が再スタート!
TGS2010初日のコーエーテクモゲームスブース第1回目のステージイベントに登壇したのは、「デッド オア アライブ」や「NINJA GAIDEN(ニンジャガイデン)」シリーズの開発でおなじみのTeam NINJA早矢仕洋介プロデューサーと、同社ゼネラル・プロデューサーで「信長の野望」をはじめとする名作歴史シミュレーションの生みの親としてあまりにも有名なシブサワ・コウ氏。両者からは、双方のコラボレーションによってアクションゲームの最新作「仁王」を現在開発中であることが初めて明かされた。

構想から5年の歳月を経て「仁王」の開発が再スタート!

実は本作、2005年に旧コーエーがプレイステーション 3用ソフトとして発売するとプレスリリースを既に行なっており、故黒澤明氏の遺稿をベースにした映画「鬼」(仮称)と同じプロットを使用して「究極のアクションエンタテインメントを目指す」と高らかに標榜していたものの、その後久しく情報が途絶えていたが今回ようやく続報が聞けることとなった。

両者のコラボが決まるまでの経緯は、シブサワ氏によって「5年前に『仁王』を発表して以来、実際に遊べるようなプロトタイプを作るところまで開発は進んだのですが、どうしても自分で納得のいくような出来にならず、一度開発を中断していました。しかし昨年4月に、コーエーとテクモが合併して両社の開発陣がいっしょになったことで、早矢仕プロデューサー率いるTeam NINJAにお願いすればきっといいものができると確信して私のほうから声をかけました」との説明があった。

気になるゲーム内容だが、現時点では「戦国時代を舞台としたバリバリのアクションゲームで、紅毛碧眼の西洋人のサムライが大活躍する内容になります」(シブサワ氏)と述べるにとどまり、また価格や発売日などの発表はされなかった。また、プラットフォームは「PS3を中心に考えていきます」(同氏)と語り、名言はしなかったがマルチプラットフォーム展開にも含みを持たせていた。【インプレス】

METROID Other M(メトロイド アザーエム) NINJA GAIDEN Σ2(ニンジャガイデン シグマ2)
タグ:仁王
posted by 虫めがねくん at 23:56| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カプコン、Xbox 360のKinect参入第1弾タイトルは『重鉄騎』

カプコン、Xbox 360のKinect参入第1弾タイトルは『重鉄騎』
株式会社カプコンは16日、東京ゲームショウ会場で開催されたマイクロソフトの基調講演で、Kinect参入第1弾タイトルとして「重鉄騎」を発表した。発売日価格共に未定。



「鉄騎」とはXbox用タイトルとして注目を集めたタイトル。巨大でリアルなロボットのコクピットを再現したコントローラーが必要で、エンジンの始動からコントローラーで指導するという凝ったスタイルが、多くのファンを引きつけた。



「重鉄騎」ではこのコントローラーを使用せずKinectのシステムを使用する。制作を担当しているのはフロム・ソフトウェアでどのような操作でどんなアクションが描かれるのかが非常に気になるタイトルだ。【インプレス】

鉄騎大戦 専用コントローラ同梱版 Xbox DVDキット同梱版
タグ:重鉄騎
posted by 虫めがねくん at 23:49| Comment(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。